業務改革に伴うITシステム適正化支援


しっかりとしたIT投資を行っていないと情報漏洩等の事故が発生したときに、企業の信用が失墜し経営破綻に繋がることが多い昨今、巷のITベンダーがそれら企業に対策サービスを売り込む際、リスク対策を必要以上に見積もるため調達価格が高額になることがしばしば見られます。
当事務所はそのようなケースにおいて導入企業側に立ち、どのようにITガバナンスを進めて行くかを助言し、またITベンダーから必要なシステムを調達する際に、それらが適正な価格になるよう調達仕様書や要件定義書を審査し、ITベンダーとの交渉を有利になるよう支援します。

当事務所では大手システムベンダーにおける長年のシステム経験を活かし、働き方改革・業務改革に伴う業務システムやセキュリティ・システムの構築に係る助言や支援が可能です。また、IT技術の研究・製品開発・コンサルティング業務や法務実務にも携わってきており、情報システムの企画・設計・導入(調達)・保守に携わる責任者(CIOや情報システム部門長等)を適切にサポート致します。

具体的には、お客様のプロジェクトマネジメント全般(ITシステムの調達・構築・運用)や技術管理、リスク対策(サイバーセキュリティ、プライバシー保護対策)等の実施において適切なアドバイザリーを提供します。これらの支援により最終的にお客様のIT投資コストの適正化あるいは削減に導きます。


最近の投稿

ご挨拶

事務所代表 八津川直伸

ご挨拶

昨今のデジタル人材不足は深刻なものとなって参りました。当事務所ではITシステム導入に係る、プロジェクトマネジメント(情報システムの調達・構築・運用・保守)支援や、リスク対策(サイバーセキュリティ、プライバシー保護対策)等に関するご相談もお受けしておりますので、お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

業務のご案内
アーカイブ
カテゴリー
お問い合わせ
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031